住宅は防犯性が重要!防犯性の高い注文住宅を目指しましょう!

お役立ち情報

新築を建てるのであれば、防犯性能の高い家にしたいですよね。
今回は、新築時にできる防犯対策をいくつかご紹介します。

□窓・玄関での防犯対策とは?

侵入窃盗の被害の中では、窓からの侵入が最も多いと言われています。
窓ガラスを破壊することで簡単に侵入できてしまうのです。

窓からの侵入を防ぐには、防犯ガラスを取り付けるのが最も効果的です。
しかし、防犯ガラスの取り付けはコストがかかるため、簡単には取り付けができないケースも多いでしょう。
防犯フィルムを使用すれば、低コストで簡単に侵入対策ができます。
手軽に防犯対策をしたいという方は、防犯フィルムを使ってみてはいかがでしょうか。

また、鍵を破壊して侵入するケースもあります。
窓に初めからついている鍵は防犯仕様ではないことが多いため、簡単に鍵を破壊されるリスクが高いです。
サッシや水返し部分に補助錠を取り付けるなどをして、防犯性能を高めると良いですね。

□庭・外周での防犯対策とは?

窓や玄関と同様に防犯上で重要なのが、庭・外周の防犯対策です。
次に、庭や外周で有効な防犯対策を3つご紹介します。

1つ目は、垣根の対策です。

塀や柵、生垣は、簡単に乗り越えられず、すり抜けられないようにするのがおすすめです。
また、庭が完全に隠れてしまう塀よりは、外からでも視線が届くような塀が防犯上は望ましいです。
トゲのある低木を生垣として使用すれば、簡単には侵入できなくなるでしょう。

2つ目は、庭での工夫です。

庭では、外部からの死角をできるだけ無くすことが大切です。
また、物置やガレージを設置する場合は、家の2階に侵入する際の足場とならないように気を付けましょう。
外から目が行き届かない場所では、踏むと音が出る砂利を敷き詰めることで対策ができます。

3つ目は、カメラの設置です。

敷地や建物への侵入口となりそうな部分には、カメラを設置すると良いでしょう。
カメラがあれば侵入者への威嚇になる上に、被害に遭った際には犯人特定の手がかりにもなりますね。
カメラの設置が難しい場合はセンサーライトを設置するのもおすすめです。
カメラとセンサーライトの両方を設置するとさらに効果が高まりますね。

□まとめ

今回は、窓・玄関と庭・外周で効果的な防犯対策について解説しました。
しっかりと対策をして、被害を防げると良いですね。
当社では、お客様の理想の住宅づくりをサポートしております。
名古屋市で注文住宅をお考えの方はぜひ当社にお任せください。